Contents
目次
論理的コミュニケーション戦略
A5判/並製/215頁
初版年月日:2004/02/05
ISBN:
978-4-7664-0941-3
 
(4-7664-0941-8)
Cコード:C2334
税込価格:1,728円
論理的コミュニケーション戦略

目次

本書の目的
Part1 発想の原点:説得と論理的コミュニケーション能力習得のために
イントロダクション
A 情報の発信者の役割
B グローバライゼーション
C 論理的コミュニケーションのタイプ

Part2 形式論理学:情報は整理する。整理された情報は必ず役立つ
イントロダクション
A 形式論理学の基本概念
B 形式論理学のルール
C アリストテレスの理論
1.テーマ別整理/Topical order
2.時系列別整理/Chronological order
3.地理的・空間的整理/Spatial order
4.三段論法/Syllogism

Part3 非形式論理学:討論・議論・説得のポイント

A 立場・角度の的確さ/Perspective taking
B 目的の絞り込み/Goals specification
C 意思決定/Decision-making
D 目的論/Teleology
E 定義/Definition
F ケースの確立/Case establishment
G データベースのコミュニケーション/Evidential communication
H データのタイプ/Types of data
I 価値の計量化/Quantifying values
J 因果関係の分析/Analyzing cause-effect logic
K ブレイクダウン/Reductionistic approach
L 理由づけ/Reasoning /Justification
M 判断基準/Judging criteria
N バランス感覚/Holistic approach
O 解決力/Solvency argument
P 優位化/Differentiation
Q QCサークル/QC Circle activity
R 信頼性、汎用性、安全性/RAS
S 感情に訴える/Emotional communication
T 統合/Integration
U 案の実行性/Plan workability argument
V インタラクション/Interactive communication
W 利益性/Cost-benefit analysis
X 期待成果/Advantages appeal
Y 比較優位論/Comparative advantages
Z 緊急性のアッピール/Urgency appeal
あとがき
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.