Contents
目次
現代中国の中央・地方関係
A5判/上製/402頁
初版年月日:2008/06/10
ISBN:
978-4-7664-1527-8
 
(4-7664-1527-2)
Cコード:C3031
税込価格:6,480円
現代中国の中央・地方関係
広東省における地方分権と省指導者

目次

序章 現代中国の中央・地方関係をめぐる諸問題
 第一節  現代中国の中央・地方関係をめぐる議論
 第二節 「ケ小平時代」の広東省における地方分権と省指導者の役割
 第三節 主要概念の定義
 第四節 本書の構成

第一章 現代中国における中央・地方関係の分析枠組
 第一節 動員型地方分権
 第二節 二元指導体制の温存
 第三節 地方内の利益の多元性
 第四節 「融合―委任型モデル」の提起

第二章 省指導者の国政における影響力
 第一節 省指導者の国政への影響をめぐる議論
 第二節 地方分権の決定過程における省指導者の役割
 第三節 地方分権の実施過程における省指導者の役割
 第四節 中央における政策決定への省指導者の影響力

第三章 省指導者の地方内における統制力
 第一節 省指導者による地域内の統制をめぐる議論
 第二節 地方分権の実施と「二元指導体制の温存」の矛盾
 第三節 「地方内の利益の多元性」と省指導者の地方内における統制力
 第四節 省指導者の地方内における統制力の限定性

第四章  省指導者と利益誘導
 第一節  省指導者による利益誘導をめぐる議論
 第二節  地元出身者の省指導者への就任の背景
 第三節  地元出身省指導者の中央への従属性
 第四節  中央指導者による省指導者の動員                                                                                      
第五章  省指導者と地方主義批判
 第一節  中央と省指導者の対立をめぐる議論
 第二節  経済の整備・整頓政策と地方主義
 第三節  中央における政策論争と省指導者の従属性
 第四節  広東省指導部に対する地方主義批判の問題
 第五節  中央に対する省指導者の従属性

終章  中央・地方関係研究のパラダイム転換
 第一節  「集権―分権パラダイム」の問題
 第二節  現代中国の中央・地方関係の展開過程における省指導者の役割
 第三節  中央・地方関係研究の展望
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.