Contents
目次
耳鳴りを治す
四六判/並製/192頁
初版年月日:2004/10/30
ISBN:
978-4-7664-1102-7
 
(4-7664-1102-1)
Cコード:C0047
税込価格:1,620円
耳鳴りを治す
コントロールしながらうまくつきあう

目次


はじめに

1章 耳鳴りとは何か

   耳鳴りの定義

   耳鳴りの性状

   耳鳴りについてよく聞かれる質問ベスト17
   1耳鳴りは放置するとどうなってしまうか
   2耳鳴りはどこまで治せるか
   3耳鳴りのある人はどのくらいいるのか
   4耳鳴りは加齢変化なのか
   5耳鳴りは難聴のはじまりなのか
   6耳鳴りと聴覚障害は関係があるのか
   7難聴はないのに耳鳴りだけすることがあるのか
   8耳鳴りは難聴のほか、どんな症状を伴うものなのか
   9危険な耳鳴りはあるのか
   10耳鳴りと血圧は関係があるのか
   11耳鳴りはなぜおこるのか
   12耳鳴り治療用の薬を飲んでも治らないのはどうしてなのか
   13耳鳴りの治療に精神安定剤は有用か
   14耳鳴りと仲良くする方法
   15耳鳴りは体調などによって変化するのか
   16耳鳴りは進行するのか
   17ストレスが耳鳴りを引き起こすことがあるのか

   耳鳴りの苦痛度とは
   1耳鳴りが人に与える苦痛とは
   2耳鳴りの苦痛度の強い人の不安
   3耳鳴りに悩まされた音楽家と作家

2章 耳鳴りの原因

   耳鳴りおこす疾患
   1耳自体の疾患によるもの
   2他の病気の治療と関係した耳鳴り
  
   耳の構造とその機能
   1耳の持つ二つの機能
   2内耳の微細構造

   耳鳴りってなぜおこるの?
   1末梢説
   2中枢説

3章 耳鳴りの治療の前に

   耳鳴りのための検査
   1病院を受診する際は病歴を持参すること
   2耳鳴りの検査手順
   3耳鳴り問診表とは

   耳鳴り治療の目標と治療法の選択
   1治療の目標
   2重症度と治療法の選択

   耳鳴りのセルフコントロールと日常生活での注意点
   1セルフコントロールポイント
   2日常生活で注意すべきこと

4章 耳鳴りの治療法とその実際

   耳鳴り自体に対する治療
   1急性に発症した感音難聴や突発性難聴に伴う耳鳴りの場合
   2難聴発症後一ヶ月過ぎて、難聴と耳鳴りが残っている場合
   
   心理療法とカウンセリング
   1筋弛緩法
   2自律訓練法
   3認知療法
   4エゴグラムを用いたカウンセリング

   TRT療法とは

   カウンセリングの理論

   耳鳴りの治療後の経過について
 
   耳鳴り治療法の評価
   1抗けいれん剤、精神安定剤
   2抗うつ剤
   3循環改善剤
   4マスカー
   5バイオフィードバック
   6心理療法
   7TRT療法

   耳鳴りと共に生きる

あとがき

参考文献

索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.