慶應義塾機関誌

 三田評論
  明治31年3月創刊(毎月1回1日発行)
   発行:慶應義塾 編集人:慶應義塾広報室長 編集・制作:慶應義塾大学出版会

慶應義塾の風景
三田評論表紙
2016年7月号表紙


space今月の特集spaceKEIO PHOTO REPORTspace立ち読みspace三田評論とはspace次号予告space前号紹介spaceバックナンバーspace講読方法space
  メインページ->立ち読み  
  慶應義塾史跡めぐり    
     
  第64回――三田評論 2012年1月号    
 

銀座 木挽町・南鍋町

 
 
 
     
  大澤輝嘉(慶應義塾中等部教諭)  
     
 

12
 
 

 

 木挽(こびき)町は、現在の中央区銀座一丁目から八丁目にかけての昭和通りを挟む東西の一帯を指した町名で、江戸初期に、江戸城大修理の工事に従う木挽き職人が多く住んだことに由来する。江戸時代からの劇場街で、現在改築中の歌舞伎座がある。福澤先生が藩命を受けて江戸に呼ばれたとき訪ねた、中津藩上屋敷も木挽町にあった。
 南鍋(みなみなべ)町は、銀座五丁目六番地〜八番地にかけての旧町名で、幕府の御用鋳物師、長谷川豊後の拝領地とされたことから名付けられたとされている。

 

 


明治会堂・専修大学発祥の地

 

 明治八(一八七五)年に三田演説館を開館した福澤先生は、慶應義塾外でも演説会場の必要性を感じていた。各種の演説会は、寺院あるいは料理屋の大広間で催される状況であった。十三年、先生は京橋区木挽町二丁目十四番地(現銀座三丁目十四・十五番地、歌舞伎座裏)の元東京府知事由利公正の邸宅地を購入し、明治会堂を建てた。馬場辰猪や矢野龍溪、藤田茂吉らと共に発起人となり、二万円を共同出資した。設計は、先生の父百助の妹、国(くに)の孫にあたり、工部大学校建築科を卒業した藤本寿吉であった。九月に始まった工事は奥平家出入りの棟梁がまとめ役となって進められ、十四年一月に落成した。瓦葺き木造二階建て、建坪六百二十平方メートルの擬洋風建築で、聴衆約千人を収容できる大講堂や食堂、会議室、事務室などを備えた。十五年の立憲改進党結党式や交詢社の大会もここで行われ、当時の東京唯一の公会堂として機能し、また演説家の檜舞台となった。

 


 しかし、維持資金を含めて先生の負債が増大し、また当時流行の政府反対演説に対する当局者の干渉も増したため、十五年末に岩倉具視の仲介で農商務省に売却してしまった。以後は集会所や商品陳列館などとして利用され、名称も「厚生館」となった。三十四年には旅館「厚生館」となったが、関東大震災で焼失してしまった。

 


 専修大学の母体は八年に日本人留学生によってアメリカ合衆国で結成された「日本法律会社」にまでさかのぼる。十二年に「日本法律会社」に所属していた相馬永胤(ながたね)と目賀田種太郎(めがたたねたろう)は、京橋区に法律事務所を開設、そこへほぼ同時期に帰国した田尻稲次郎と駒井重格が住むことになり、アメリカ留学時代に構想していた法律・経済を学ぶ教育機関の設立へと動き出した。

 


 相馬ら四名の構想に賛同した福澤先生や箕作秋坪は、自身の経営する慶應義塾や三叉塾(さんしゃじゅく)を教育活動の場として提供し、同年十二月に慶應義塾夜間法律科、翌十三年一月に三塾法律経済科が開設された。さらに高橋一勝、山下雄太郎らが経営する東京攻法館法律科を統合する形で、同年九月に専修学校が設立された。仮校舎に当てたのは、後述する京橋区南鍋町の福澤先生所有の簿記講習所であった。一カ月後、明治会堂脇の明治会堂別館に本校舎を置き、本格的な授業を開始した。その後、明治十五年に神田区中猿楽町(現千代田区神田神保町)の現在の校舎に移転する。歌舞伎座裏の松屋通り沿いに「専修大学発祥の地」記念碑がある。

 

 

安達吟光「明治会堂之図」(専修大学大学史資料課所蔵)

 

 

 


商法講習所・簿記講習所

 

 明治七年十月、森有礼(もりありのり)と塾員富田鉄之助は、福澤先生に商法講習所設立基金募集の趣意書の執筆を依頼した。快諾した先生は、「商学校ヲ建ルノ主意」という一文を執筆し、外国商人に対抗するには商学校を設立して外国の商法を研究しなければならない、と述べた。

 

 

 翌八年、森は日本初の近代的商業教育機関として、商法講習所を設立した。校舎は当初、銀座尾張町二丁目二十三番地(現銀座六丁目十番地、松坂屋付近)にあった鯛味噌屋の二階を使用したが、九年に木挽町十丁目十三番地(現銀座六丁目十七番地、新橋演舞場隣りの日産自動車本館)の新築校舎に移転した。この校舎は後身の東京商業学校に引き継がれ、神田一ツ橋に移転する十八年九月まで使用された。経営は森の手を離れ、東京商法会議所、東京府、さらに農商務省へ移管され、現在の一橋大学となったのである。移転後の木挽町の跡地には農商務省の庁舎が置かれた。銀座通りの松坂屋前に、「商法講習所」の記念碑が一橋大学によって建てられている。

 


 明治十二年からおよそ三年の間、福澤先生の出資で、社中の丹文次郎の弟竹田等が京橋区南鍋町一丁目四番地(現銀座五丁目五番地)に簿記講習所を開設し、先生の著作『帳合之法』などを教材とし、簿記法の普及を図った。開校の当日には、先生、加藤政之助、吉良亨らの演説が行われた。入学生は五百名前後に達したといわれている。十三年九月には専修学校が開校するにあたり、仮教場として一カ月ほど提供され、十四年には慶應義塾で学び、歯科医になった小幡英之助の診療所が移転してきた。

 

 

 

 

line

 

これまでの史跡めぐり
本連載は終了しました。
バックナンバーをご紹介しています。

第102回
三田通り周辺


2015年8・9月合併号掲載

第101回
武藤山治


2015年7月号掲載

第100回
金玉均


2015年6月号掲載

第99回
大講堂


2015年4月号掲載

第98回
阿部泰蔵と門野幾之進


2015年3月号掲載

第97回
日吉キャンパスの遺構と施設


2015年2月号掲載

第96回
学食の変遷


2014年12月号掲載

第95回
神津家の人々


2014年11月号掲載

第94回
水上瀧太郎
──文学と実業の二重生活


2014年10月号掲載

第93回
関東大震災とキャンパス
──三田・四谷の被害と復興


2014年8・9月号掲載

第92回
堀口大學


2014年7月号掲載

第91回
陸上・水上運動会の変遷


2014年6月号掲載

第90回
平和来
──卒業二十五年塾員招待事始夫


2014年5月号掲載

第89回
望郷詩人──南紀の佐藤春夫


2014年4月号掲載

第88回
下田グラウンド


2014年3月号掲載

第87回
予防医学校舎と食研
──空襲の痕跡


2014年2月号掲載

第86回
新田運動場


2014年1月号掲載

第85回
越後 ──西脇順三郎と吉田小五郎


2013年12月号掲載

第84回
修善寺 ──幼稚舎疎開学園


2013年11月号掲載

第83回
神宮球場


2013年10月号掲載

第82回
富士見高原
──空気はよし風俗は朴素なり


2013年8・9月号掲載

第81回
みちのくの史跡を訪ねて
──能代・弘前・木造


2013年7月号掲載

第80回
紀州和歌山と義塾の洋学


2013年6月号掲載

第79回
福澤先生と演劇──三つの劇場と三人の歌舞伎役者


2013年5月号掲載

第78回
ヨネとイサム・ノグチ──二重国籍者の親子


2013年4月号掲載

これ以前の連載はこちら

 
 
   
line  
 
 
 
  12  
 
TOPへ戻る
 

 

 
Copyright (C)2004-2010 Keio University Press Inc. All rights reserved.